危険性について

クレジットカード現金化するときの換金率の相場はどのくらいになりますか?

投稿日:

現金化をする際に一番気になるのが、どのくらいの換金率で現金を手にすることができるかです。中には95%を超える換金率を謳っている業者もありますが、果たしてその通りに現金を受け取ることが可能なのか気になります。

10万円程度の利用であれば80%前後が相場

まず、現金化業者いうのは手続きの際に手数料をもらうことで商売が成立しています。そのため利用者がショッピング枠を10万円現金化しても、丸々10万円を手にするということはできません。業者がいう換金率の中には現金化を行う際のさまざまな手数料が含まれており、そこから利益を得ているのです。
この換金率は一定ではなく、現金化の利用金額や利用者が個人か法人かでも異なってきます。宣伝に95%を超えるような高い換金率を謳っている場合、大抵は100万円以上の大口取引であり、なおかつ法人利用者が対象になっていることが多いです。個人で10万円から20万円程度の現金化をする場合の換金率は、大体70%から80%が相場になっていることを覚えておいてください。

100%を超える換金率も夢ではない?

業者を利用した現金化の場合には必ず手数料を取られます。しかし、個人で現金化を行う場合には100%を超える換金率で現金を手にすることも可能です。
たとえば、個人で現金化するためには主に換金率の高いブランド品や家電品などをクレジットカードで購入し、それを売ることで現金に換えるという方法を取りますが、購入した商品にはプレミア価格が付くものもあります。需要を見極めて購入時よりも高い金額で商品を買取に出せれば得をすることができるのです。
もちろんこうしたことを行うにはある程度知識が必要ですし、売るタイミングを逃せば大きく損をしてしまうこともあります。あまりに換金率の高い商品ばかり購入しているとカード会社にも現金化を怪しまれてしまうのでリスクがありますが、この方法で現金を得ているかたは少なくありません。

宣伝文句には惑わされないこと

業者利用の場合には、高い換金率を宣伝していてもその通りに換金されることは稀です。換金表を必ず見て納得の上、なおかつ換金率に含まれる手数料の内訳が明確にされている業者を選ぶようにしてください。
腕に覚えがあれば個人での現金化に挑戦するのもおすすめですが、代わりに大きく失敗して低換金率になってしまうこともあります。心配な場合には安定した換金率で取引ができる業者の利用が安全です。

-危険性について

Copyright© やみつきになるクレジットカード現金化 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.