危険性について

クレジットカード現金化で利用者は違法ではないの?

投稿日:

クレジットカード現金化でクレジットカード現金化業者が違法性を問われて摘発を受けたことがありますが、クレジットカード現金化で利用者が摘発を受けたことはありません。クレジットカード現金化の利用者は適法なのでしょうか。

クレジットカード現金化業者が摘発された法的根拠

利用者とは違い、クレジットカード現金化業者は何度か摘発されています。クレジットカード現金化の行為を違法とされたわけではなく、法的には貸金業法違反、出資法違反で摘発されたのです。クレジットカード現金化業者を貸金業者として認定したことで、クレジットカード現金化業者が貸金業法で定めれた登録を行っていないことによる違反と貸金業者であれば、出資法で定めれた上限利息を超えた利率で営業をしていたことです。さらに貸金業法で言えば、年収の三分の一以上の貸付を規制している総量規制にも違反している可能性も高くなっています。

クレジットカード現金化の利用者も違法となる可能性がある

クレジットカード現金化業者が摘発されているのに比べて、クレジットカード現金化の利用者は摘発された例はありません。しかし、今まで摘発された例はないからといってこれから摘発されないということはありません。クレジットカード現金化では利用者が購入した商品は代金が決済されるまでクレジットカード会社の所有とされていますが、クレジットカード会社の所有の商品を勝手に転売する行為が横領罪を構成する可能性があるからです。それに、クレジットカード会社の規約ではクレジットカード現金化は認められていませんから故意に金銭を詐取する詐欺罪を構成する可能性まであるのです。

クレジットカード現金化の利用者は違法性を認識するべき

クレジットカード現金化の利用者が摘発されないという安心はありません。クレジットカード現金化関連の法律が整備されるようであれば、まず利用者も摘発されるでしょう。クレジットカード現金化の利用者はそのことを認識するべきです。

-危険性について

Copyright© やみつきになるクレジットカード現金化 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.